多肉植物 ハオルチア・オブツーサ

今人気のハオルチア。
その中でも私のお気に入りの一つが、ハオルチア オブツーサ。

透明な窓が、キラキラ輝いてとってもキレイ!!

ハオルチアには、色んな品種がありますがハオルチア・オブツーサはプクプクでとって可愛いハオルチアです。

主な原産国は、南アフリカ、東ケープ州。
特徴は先程も書いた通り、その透明のレンズのような葉の先端部分。光に透かすと、レンズのような窓が透けてとても綺麗です。
性質も丈夫で育てやすい多肉植物です。

品種も様々なものがあり、斑入り、葉の尖り具合、葉の色の濃淡、葉っぱ自体のサイズが小さかったり、大きかったりなどなど様々です。
コレクションしても面白いかもです。

基本的な育て方は、ハオルチア類は多肉と言っても半日陰を好む多肉なので、午前中のみ太陽があたる明るい半日陰などを好みます。

暗すぎると徒長といって、間延びした感じになってしまうので注意が必要です。

水やりについては、ハオルチアの成長期は春と秋の暖かくも涼しい季節です。
春と秋は土が乾いたらたっぷりと水やりします。

夏と冬は、水を控えめにして下さい。
特に夏場ですが、水を控えすぎると根が弱る場合がありますのでムレないよう注意は、必要ですが涼しくなった夕方などに水をあげて下さい。

ハオルチアの仲間は比較的、寒さに強いので温暖な地域では野外管理も可能です。ただ、一般的には冬はハウスか室内で越冬させたほうが安全です。

プクプク、キラキラなオブツーサをお側においてみては。

多肉植物 ハオルチア オブツーサ